ラグが発生する理由は、利用者が大勢いるため

トップページ
お気に入りに追加
  

ラグが発生する理由は、利用者が大勢いるため

FPSゲームプレイヤーにとって、ラグが発生する現象は悩みの種であり、ストレス要因です。

この原因は、光回線の契約者数が膨大となっているため、とくに多くの人がネット回線を使用する深夜の時間帯になると、回線自体が不安定となる点が挙げられます。

このため、光回線の通信速度が遅くなってしまいます。

 

それでは、すべての光回線で、深夜の時間帯になるとラグが発生するかといえば、けっしてそうではありません。

ラグが発生しやすい光回線は、フレッツ光が挙げられます。

 

これはNTTが販売している光回線であり、もっとも契約者数が多いといわれています。

1本の光回線のなかに、ぎゅうぎゅう詰め状態に契約者が押し込まれているという表現が、もっとも理解しやすい表現と思われるほど、フレッツ光の契約者数は多いです。

 

そして、その結果、光回線の使用者数が多くなる深夜の時間帯になるとラグが発生しやすくなるのです。

 

このため、ラグが発生しにくい光回線を使用すれば、深夜の時間帯でもストレスなくゲームを楽しむことが可能となります。

それは、au光です。

 

この光回線は、休眠状況となっていた光回線をauが借りて、販売している回線です。

このため、現状は利用者数が少ないことから回線が安定しておりラグは発生しません。

 

さらに具体的に説明すると、フレッツ光とau光は1Gbpsの回線を32人で共有する仕組みをとっていますが、フレッツ光とau光では、au光のほうが契約者数が3分の1しかいないため、au光のほうが回線が安定しているのです。

このため、いま契約すれば、ストレスなくゲームを楽しむことができます。